HKSホーム製品情報エレクトロニクス/ELECTRONICSF-CON V Pro + パワーライターセット

エレクトロニクス/ELECTRONICS

コンピューター

F-CON V Pro + パワーライターセット
【F-CON V Pro + パワーライターセット】

■概要

エンジン制御フルコンピュータの定番としてご愛顧していただいているF-CON V Pro Ver.3.4及びF-CON V Pro Ver.4とパワーライター(パソコンソフトウェア)及び通信ユニットのセット商品です。
※車両と接続するF-CON V Proハーネス、その他センサーなどはF-CON V Proオプションパーツとして別売りです。

本セット商品を使用することにより、エンジンに合わせた制御やセッティングを自在に行うことができます。
※基本となる初期データはいっさい設定されておりません。設定及び現車に合わせたセッティングが必要です。
※本商品は車種別ハーネス設定車種の専用品です。

■機能

燃料及び点火信号をフルコントロールできます。

その他オプション機能を使用してソレノイドバルブやリレー、ランプなどを任意にコントロールできます。

パワーライターにより各種出力設定を行うことができます。またエンジン情報をモニターにて確認できます。

■特長

ブーストアップから、よりハードチューンを行う場合に、他社フラッシュ書換方式ではできない、リアルタイムなデータの書換等が可能で、セッティング作業性が特に優れています。また、ログ機能を用いて走行データの履歴を残すことができます。

ノーマルエンジンに取り付けられているセンサー信号を取り込みエンジンを制御することができます。


F-CON V Pro + PowerWriter Set 公開情報



【取付け例 日本自動車大学校】

日本自動車大学校【NATS】のモータースポーツ科ではF-CON V Pro Ver.4.0 + PowerWriter Setを使用して、今後、耐久レースなどに参加する車両にコンピューターチューニングを実践しました。


シャーシダイナモを使用してセッティングデータを書き換え、チェック計測を繰り返し最適なセッティングを探していきます。
最初に90psでスタートしましたが、セッティングを行っていくにつれて出力は向上し、最高値は110psに到達。
しかし、この状態ではA/Fが薄い状態にありましたので、マージンを与えて最終105psとなりました。


車両をテストコースで走らせ、F-CON V Pro Ver.4.0でマネージメントした成果を体感したモータースポーツ科の学生達からは「F-CON V Proでの電子制御のすごさを目の当たりにしました」、「ノーマルエンジンとは思えない変化!」、「低速でもすぐわかるほどトルクの向上とアクセルレスポンスが向上している」、「ソフトが使いやすくてセッティングが身近に感じられました」など、沢山の声を頂きました。

【OPTION 2016年4月号掲載】


【製品紹介 ECUチューン】

【REV SPEED 2016年6月号掲載】


チューニングの必須パーツとなるコンピューターとしてF-CON V Proは多くの機能を持っています。
リアルタイム通信によるセッティングは車両変化を直ぐに感じられるので、その多くの機能を有効に使用することが可能です。
F-CON V Pro制御にする為の車両別基本情報とスタートデータは当社のホームページ内で公開しております。
PowerWriter Setを使い始める時は便利ですので参考にして下さい。

本製品を使用するにあたっての注意事項

本商品を扱うためにはパソコン操作や取り付ける車両/エンジンの知識、制御に関する技術技能などが必要です。正しい取り付けやセッティング作業を行わないとエンジン性能が満足に発揮できないばかりか破損に至る可能性があります。

本商品は、プロフェッショナル専用商品であり、車両・装着パーツ・使用環境により、仕様・設定が異なりますので、ご質問・お問い合わせは一切受付けておりません。お客様サポートセンターへお問い合わせ頂いてもご返答はいたしかねます。

本商品は車種別F-CONハーネス設定のある車種専用です。基本となる初期データはいっさい設定されておりません。エンジン始動が可能なベースデータとしてスタートアップデータをご用意しておりますので、車種別スタートアップ解説資料、ソフトウェアマニュアルを熟読の上、ご使用ください。

通信ユニットは、セットのF-CON V Pro本体のみのデータを書き換えることができます。他のF-CON V Proのデータは書き換えられません。

本商品は、下記条件を満たすパソコンが必要です。別途準備が必要です。
Windows7以降のOS、メモリ2Gバイト以上、ハードディスク1Gバイト以上、USB通信ポート(変更の可能性あり)