エレクトロニクス/ELECTRONICS

コンピューター

Flash Editor
【フラッシュエディター】

スピードリミッター解除のエントリーユーザーから、ハイレベルなプロチューナーまで使用可能な、ECU ReFlash Tool

車両の故障診断コネクタ(OBDIIコネクタ)より、ECU ReFlashを行うことができるセッティングツールです。

車種別リスト


みんカラパーツオブザイヤー2014年間大賞 チューニングCPU部門1位


みんカラパーツオブザイヤー2014年間大賞 チューニングCPU部門で
1位を獲得しました。

概要

  • 車両の故障診断コネクタ(OBDIIコネクタ)より、ECU ReFlashを行うことができます。
  • ノーマルデータ(1つ)、カスタムデータ(3つ)のデータを保存可能です。
  • FLASH EDITOR本体または同梱の初期化ツールに、予めカスタムデータがプリセットされています。
  • パワーライター契約店にて、専用のソフトでのみデータ編集が可能です。
  • 車両1台につき、FLASH EDITOR1台が必要となります。(FLASH EDITOR1台で複数車両への使用はできません。)

パワーライターオリジナルなFLASH EDITORのセッティングはHKS認定パワーライター契約店(FLASH EDITOR取扱店)でお取り扱いできます。



★通常商品とパワーライター契約店の利用可能データ

【インプレッサ・レガシィ・レヴォーグ・WRX・N-ONE・S660・ランサーエボリューション・ロードスターの場合】

利用可能データ 通常商品 パワーライター
契約店
ノーマル
PHASE1
PHASE2
Power Writer ×

※レヴォーグ/WRX S4:PHASE2データは開発中

【86・S2000・CR-Z・BRZの場合】

利用可能データ 通常商品
(初期化ツール)
パワーライター
契約店
NA S/C NA S/C
NORMAL × ×
PHASE1 × ×
PHASE2 ● 注1 × ● 注1 ×
HKS S/C DATA1 × ×
HKS S/C DATA2 × ×
Power Writer × ×

注1:CR-ZはPHASE1と同じデータとなります。


車種別プリデータ

■TOYOTA


■HONDA


■SUBARU



■MITSUBISHI


■MAZDA


注意事項

【使用前】

  • 86・S2000・CR-Z・BRZの場合
    初期化ツールが対応しているECU Part Number以外は、使用することができません。その場合対応するには、初期化ツールのバージョンアップが必要になります。
    (FLASH EDITOR本体ソフトウェアのバージョンアップが必要になる場合もあります。)
  • ランサーエボリューション・インプレッサ・レガシィ・WRXの場合
    FLASH EDITOR本体に記憶しているECU ID以外は、書込みができません。
    (その場合対応するには、FLASH EDITOR本体ソフトウェア、または、Power Writerソフトウェアのバージョンアップが必要となります)
【対応済ECU ID 一覧】

BR9/BM9 (2015.6.29 まで確認済み)

GRB/GVB (2015.6.29 まで確認済み)

GRF/GVF (2015.6.29 まで確認済み)

VAB (2015.10.13 まで確認済み)

CZ4A (2016.2.2 まで確認済み)

ZN6/ZC6 (2015.7.10 まで確認済み)

AP2/ZF1 (2015.5.24 まで確認済み)

JW5 (2016.5.6 まで確認済み)new

JG1 (2016.1.15 まで確認済み)

VMG/VAG (2016.2.25 まで確認済み)


  • 確認済みECU ID以外の場合、
     ・パワーライター店の場合・・・パワーライター店専用HPからHKSまで必要情報をご連絡ください。
     ・パワーライター店以外の場合・・・サポートセンターまでお問い合わせください。
  • SLD,VACとの併用はできません。
  • 純正ECUデータ対応になります。他社ReFlashツールでのカスタムデータには対応していません。
  • バッテリー電圧を確認してください。

【使用時】

  • 通信中にコネクタを抜いたり車両側IG電源をオフにしないでください。またエアコンやハザードスイッチ等車両側スイッチの操作を行わないでください。
  • バッテリー電圧が低下している場合、通信中にエラーになる場合がありますので、その場合は充電してからご使用ください。