HKSホーム製品情報エンジン/ENGINE強化タイミングベルト

エンジン

その他エンジン関係パーツ

FINE TUNE TIMING BELT
【強化タイミングベルト】

HKSスライドカムプーリーとベストマッチの強化タイミングベルト。
ベルト自体の強度を各エンジンごとに最適化。
HKSスライドカムプーリーとの組み合せで、より高出力・高回転化に対応できます。


  • タイミングベルトの強度を車種ごとに最適化。エンジンの熱膨脹にも追従できる仕様とし、タイミングベルトのテンションが安定するよう設計しました。
  • 従来のタイミングベルト製造法では、外から圧力をかけ歯の部分を成形しますが、これだと歯布部分に引張り方向の力がかかったままタイミングベルトが形成されるためベルトの強度低下の原因となってしまいます。そこで、あらかじめ歯布部分を金型に沿わせた形で歯ゴムを充填する新技術を採用。歯布の強度を確保し、高トルクによる歯欠けを防止します。
  • 歯ゴムには高飽和H-NBRを採用し、更なる高強度化を実現。
  • 4G63エンジンには、バランサーベルトも設定。タイミングベルト・バランサーベルトを併用することでエンジン本体はもちろん、車体への悪影響も低減させることができます。

※材質及び成形方法については、機種により多少異なります。

※バランサーベルト交換の必要性について

バランサーベルトは、エンジン振動とは逆の振動を与えることによりエンジン全体の振動を低減しようという発想で取付けられています。
純正では、定常走行時に最も振動を打ち消すよう設計されているためサーキット走行など高回転域を多用する場合には振動の増加とともにバランサーベルトへの負荷も大きくなります。
また、バランサーベルトはクランクシャフトの2倍の回転数で回されているため他のベルトにくらべ伸び易く、そのためエンジン回転とバランサーシャフトの回転が同調せず、振動が増加し最悪の場合バランサーベルトの破損に繋がる恐れも出てきます。
そこで、タイミングベルト交換の際に強化バランサーベルトを併用することでバランサーシャフトをクランクシャフトに対して正確な位相で回転させ、エンジン本体や車体への悪影響を低減させることができます。