製品情報:オイル

OIL SERIES

オイルをチューニングパーツとしてとらえエンジン本来の性能を最大限に引き出すHKSエンジンオイル。
独自の粘度分類処方が過酷な境界潤滑領域を分子レベルで強靭にフォローアップ。
最適化された専用粘度選択により、流体潤滑領域を克服。機密性とフリクションバランスを高次元で実現。
エンジンを知り抜くHKSが誇る、100%SYNTHETICスペシャルブレンドオイルリーズ。

HKS OIL シリーズ チャート表 プレミアム プロ プレミアム プロ レーシング プロ レーシング プロ レーシング プロ HR(-4W31) HR(0W42) EVO-X(3.5W37) 4G63(5.5W38) EJ(7.5W42) 13BT(10W45) JZ-G(10W50) RB(15W55) スーパーオイルプレミアム0w20 スーパーオイルプレミアム0w25 スーパーオイルプレミアム5w30 スーパーオイルプレミアム7.5w35 スーパーオイルプレミアム10w40 スーパーオイルプレミアム7.5w45 スーパーオイルプレミアム7.5w55 スーパーオイルプレミアムディーゼル5w30 スーパーオイルプレミアムディーゼル7.5w33 スーパーオイルプレミアムディーゼル7.5w44

オイル記号の見方

オイルの見方 詳しくはこちら

全メーカー別検索はこちら

エンジンオイル

PRO OIL SERIES

プロオイルシリーズ

OIL SERIES

エンジン別オイルシリーズ

SUPER RACING SERIES

スーパーオイルプレミアム
シリーズ


その他

OIL FILTER

オイルフィルター

BRAKE FLUID

ブレーキフルード

GASOLINE and DRAG HIGHOHCTANE

レース用ガソリン・
ガソリン添加剤

DIRECT DEPOSIT REMOVER

カーボン除去クリーナー


GEAR OIL G series

ギアオイル

DUAL CLUTCH TRANSMISSION FLUID

DCTF

ACCESSORIE PARTS

アクセサリーパーツ

RAGIATOR CAP

ラジエーターキャップ



HKSオイルの特徴


エンジンに強い!!
  • ・最適化した専用粘度設計でエンジン本来の性能を最大限に発揮
  • ・粘度特性の厳しい高回転、高温域での性能発揮と高い油膜保持を実現
  • ・ストリートからスポーツ走行まで高耐久性と、高性能な走りを実現

オイル交換の必要性

エンジンオイルとは、エンジンに使用されている潤滑油です。エンジンオイルの役割は潤滑だけと思われる方がいると思いますが、潤滑・密封・冷却・洗浄・防錆といったいくつもの役割を果たしている重要なモノです。オイルの劣化によって5つの役割が1つでも欠けてしまうとエンジン不調やパワーダウン・燃費悪化・最後にはエンジンブローとなってしまう場合があります。常にエンジンが正常に動くために定期的なオイル交換が必要なのです。

オイルの5つの役割

特長

1 潤滑 → 滑りをよくし金属部分の摩耗を押さえる。

金属表面の細かな凸凹に被膜を作ることにより、高速で稼動するエンジン各部をオイルが包み込み、金属表面の摩耗を防止する。
また、金属摩耗や損傷を防止することで、エンジン出力の低下も防ぐ。
金属接触により起こる摩擦を抑え、省燃費性能に貢献する。


2 密閉 → 圧縮圧力を逃がさない。

ピストンとシリンダーの隙間にオイルが入り込み、燃焼室を密封することにより、 混合気の圧縮効率を高めて燃費効率をアップしたり、燃焼ガスの洩れを抑えて出力低下を防ぐ。


3 冷却 → 冷やすことで焼き付き・破損防止。

エンジン内部で発生した熱を、オイルの循環(吸収)によって取り除き、オイルに蓄えられた熱は、オイルクーラーやオイルパン等で冷却(放出)する。
主に、ピストン裏側にオイルを吹き付けて冷やすことにより、焼き付きや破損を防ぐ。(シリンダーは、主にLLCで冷却される。)


4 洗浄 → カーボンやスラッジを洗い流す。

エンジン内部を循環しながら、カーボンやスラッジを洗い流し、細かく分散させてオイルの中に包み込むことにより、エンジンに悪影響を及ぼす物質がピストンやリング溝に堆積するのを防ぐ。(スラッジの発生は温度をかけていくとデポジットとなりさらにその状態を継続するとカーボンとなる。)


5 防錆 → 錆びつきを防ぐ。

エンジン内部の酸性物質を中和したり、金属表面に保護膜を作り、水分・空気・酸性物質などに触れさせないようにすることにより、金属の腐食や錆の発生を防ぐ。



ノーマル車からライトチューン車にお勧めのHKSオイル

  • < ハイブリッドカー/エコカー >
    粘度が低くサラサラのオイルでアクセルレスポンスが良く、燃費にも有利な0W-25
  • < ミニバン >
    大人数で乗ることや旅行で高速道路を使うなど使用用途が多岐に渡るため、仕様環境で最適な粘度の選択が重要です。0W-25~7.5W-55
  • < スポーツカー >
    高回転まで回るパワーのあるエンジンは発熱量も多く、高温時の油膜保持が必須です。7.5W-45 7.5W-55
  • < 軽自動車 >
    低燃費車は0W-25、ターボ車の場合は7.5W-45辺りをお勧めします。

ハードチューン車にお勧めのHKSオイル

代表車種

  • ・ハイパワーターボエンジン(RB26、2JZ等):Racing Pro 「10W50」 ※
  • ・3.5L NAエンジン(トヨタGR系・ニッサンVQ系等):HR 「-4W31」
  • ・スポーツVTECエンジン(ホンダF20C・F22C・B18等):HR 「0W42」
  • ・HKS GTスーパーチャージャー装着車(ZN6/ZC6等):HR 「0W42」 (ハイレスポンスと高粘度の両立)
  • ・最新のハイメカNAエンジン:Racing Pro 「-5W30」 超低フリクション ※
  • ・究極の自分専用オイル粘度:Premium Pro「0w20」と「20w60」のブレンド
    (粘度変化は混合年度表を参照。詳しくはこちら)※
  • ※取扱店限定

販売終了予定品