HKSホーム製品情報R35 GT-Rパーツ/R35 GT-R PARTS

製品情報:R35 GT-Rパーツ

日本が世界に誇るハイパフォーマンスカー「R35 GT-R」の秘めた可能性を引き出す充実のHKS商品ラインナップ。「ハイパフォーマンス」をコンセプトに進化を続けるHKS R35 GTシリーズをはじめ、
純正タービンの限界を見極め、次なるステップ「GT800 Racing Spec」。単にピークパワーのみを求めるのではなく、常用域から圧倒的なハイパフォーマンスを発揮させることはもちろん、これまで困難とされてきた「シンメトリーレイアウトの実現」をコンセプトとし、さらには「GT1000 Racing Spec」まで、あらゆるR35 GT-Rオーナーの要望にお応えします。

GT600 Racing Package

自主規制という"呪縛"からの解放

2007年12月、国内最高峰の本格スポーツモデルとして誕生したR35 GT-R。従来の国産車では類を見ないくらいの高性能モデルとして生まれましたが、出力面に関しては自主規制という名の呪縛により、デビュー当時 480psに抑えられていたものを、HKSではブーストアップパッケージのGT570とそのアップグレード版のGT600で解放。R35本来の姿を露わにしました。

GT800 Racing Spec

タイムという指標との戦い

600ps…今までのスポーツモデルなら、それは頂点に近いスペック。でもR35にとってはライトチューン。もっと高みを狙えるポテンシャルを有しており、またサーキットタイムという指標と戦う場合、more powerは必然となります。
R35専用設計のシンメトリーツインターボとそれを支えるエンジン関連パーツにより導き出された800ps。サーキットタイムを出すために生まれたレーシングスペック、それがGT800です。

GT1000 Racing Spec

すべてにおいて1番であるということ

国産スポーツモデルのトップに君臨するR35にとって、「1番になるということ」には深い意味があります。しかし、それが生まれながらの宿命でもあるR35にとって限られたステージや要素だけで1番になることは、それほど難題ではありません。意味があるのは「すべてにおいて1番であるということ」。
どんなにパワーがあってもそれが扱いづらければその意味は薄れ、ストレートで最高速を記録しても1周のタイムが遅ければそれもまたしかり…。R35において弱点のあるクルマ作りは許されない〜私たちはそう考えます。
GT1000レーシングスペック。すべてにおいて1番になるためにHKSの技術の粋を惜しみなく注入した究極のチューニングメニューです。


R35 GT-R用一部商品の価格改定について(2014.3.3)