S-style C 2018 N-ONE
製品紹介 車種別リスト

N-ONE JG1
S-style C 2018 Code No. 80110-AH219
¥149,040
(税抜価格 ¥138,000)


▲写真はJG1用です。

ベストセラー「S-style」の最高傑作登場!硬くもなく、柔らかくもない、快適な走りを実現!!



■ 適合/取付情報   ■ 仕様
エンジン型式 S07A
年 式 12/11 - 
備 考 テスト車両 : Tourer Lパッケージ (T/C)
 
  FRONT REAR
減衰力調整 - -
ベースバルブ - -
全長調整 -
アッパーマウント 純正 純正
倒立/正立 倒立 正立
ダンパー/スプリング構成 一体式 別体式
出荷時バネレート変更 不可
ワイヤーでの減衰力調整 - -
ヘルパースプリング
(バネレートN/mm)
- -


■ 車高情報 mm
  出荷時※2 テスト時 最大上限~最大下限※3 走行可能上限~走行可能下限※4
FRONT 車高※1 588 619 ~ 549 619 ~ 549
ノーマル比 -31 0 ~ -70 0 ~ -70
REAR 車高※1 581 581 ~ 561 581 ~ 561
ノーマル比 -41 -41 ~ -61 -41 ~ -61
※1. 路面からフェンダーアーチまでの高さ。
※2. 出荷時車高はHKS社内でのフルキット設定の組み合わせによる参考測定値データです。(当社の推奨車高になります。)
※3. 調整可能範囲(ただし、この場合の下限値での走行は保安基準適合外となりますので御注意ください。
またこの調整範囲内であっても車高によってはボディー・アーム等との干渉などをおこし、走行に支障をきたす恐れがあります。
なお、出荷時車高から極端に車高を下げて使用することによるダンパーオイル漏れ等の不具合に関しても保証対象外となりますので、御注意ください。)
※4. ボディ・アーム等への干渉等が無い走行可能な範囲。(ただしタイヤ・ホイールサイズ等の変更によってはその限りではありません。)
注).データは車両の個体差・組み立て条件により変化します。


■ キット情報
● フルキット設定スプリング
  F R
バネレートN/mm(kgf/mm) 29 ( 3 ) 22 ( 2.2 )
自由長(mm) 250 221
スプリングタイプ 直巻樽型 専用形状
バネレート変更時推奨範囲N/mm(kgf/mm) + 10 ( 1 ) -
● ダンパースペック
  F R
減衰力(伸び側/縮み側)N※ 284 / 98 127 / 118
出荷時ダイヤル位置 - -
ダンパー残りストローク(伸び側/縮み側)mm 42 / 62 55 / 90
※ 減衰力値はピストン速度0.1m/sec時の値です。
● セッティングデータ
  F R
出荷時 テスト時 走行可能上限
走行可能下限
出荷時 テスト時 走行可能上限
走行可能下限
ケース長
(mm)
290 301 272 310 310 310
スプリング
セット長(mm)
216 196 237 - - - -
巻き上げ寸法
(mm)
39 70 0 35 35 16
レバー比 1.00 1.07(spg) , 0.85(dmp)
※ 走行可能上限・走行可能下限につきましては、上記: 車高情報の欄外※3をご参照下さい。


■ テスト車両情報
  F R
車重(カタログ値)kg 540 314
タイヤサイズ(空気圧)kPa 155 / 65 - 14 ( 240 ) 155 / 65 - 14 ( 230 )
ホイールサイズ 4.5 JJ × 14 inset 40 4.5 JJ × 14 inset 40
アライメント
(トー/キャンバー)
テスト時 in 1 mm / -0°18' in 6 mm / -1°06'
基準値 in 0 ± 3 mm / 0°00' ± 1°00' in 3 ± 3 mm / -1°30' ± 1°00'
※ 当社での測定値です。


■ 構成図 ※仕様変更により変更する場合があります。


■ ポイント
・純正ダンパーは腰高感が強く、曲がらないわけではないですが、深いロール角やロールスピードの早さが怖い印象を与えてしまい気持ちの良いコーナーリングではありません。また段差では腹や背中にドスッとくる衝撃があり、特にリアは車体が軽いこともあり跳ねてしまう傾向があります。また太ももやひざ下で感じるブルブル感も気になります。
・開発時にはとにかく乗り心地の良いダンパーをコンセプトに、快適性を犠牲にすることなく、しかしながらいかにしてハンドリングも両立させるのか。その極限まで追求しました。
・ノーマルのブルブル感やザラザラ感を極力排除し、リアの硬さも改善。ローダウンしながらも乗り心地の良さを確保しています。
・スプリングレートは硬さの出てこないぎりぎりのレートに設定し、特にリアのスプリングレートに関しては、定員乗車時のバンプタッチ性と乗り心地との兼ね合いを見ながら0.1kg/mm単位で吟味しました。
・ダンパーはハリ感を一切排除し、スプリングの動きを適度に支え、伸びが強すぎてイン側のトラクション・接地感が抜けたり、バンプ時に強く主張することの無いように、それでいてスカスカのフィーリングにはならない最適なセッティングとしています。
・操舵応答はクイックすぎず自然なフィーリングで、長時間ドライブでも疲れないよう仕上げています。
 
●取付時の加工について
・純正部品リアスプリングマウンティングラバーの一部切取加工が必要です。
 
 


[ CLOSE ]

 

 

HKS