MAX IV SP

GRヤリス (GXPA16)

80250-AT005 GR YARIS (GXPA16)

7月発売予定

予価\396,000 (\360,000)

ハイグリップラジアルでのサーキット走行や高速巡行をターゲットに、普段使いの街乗りまでをカバーする最新スポーツサスペンション

特長


※試作品です。

GRヤリス用MAX IV SPのポイント

●自重を支え、加減速や旋回時にも大きな曲げ荷重がかかるフロントには高剛性の単筒倒立式を採用。長年に渡る改良を重ね、耐久性も抜群です。

●プリロードバルブシステム
減衰力を発生させるバルブにプリロードを与え、低速ではしっかり減衰させ、ハイスピード域の減衰はカット。無駄な動きを抑え、フラットな乗り味を実現しました。

●アルミ削り出しのGRヤリス専用アッパーマウントを装備します。純正アッパーやセンター止め固定タイプでは不可能なアッパーでのキャンバー調整が可能です。

●従来のセンター止めキャンバー調整マウントから改良し、車両から取り外さなくてもキャンバー調整が可能な構造を採用し、作業性を向上させました。

●サーキット走行時にも素早く減衰力を調整できる構造を開発中です。車両をジャッキアップしたり、車体下に潜り込まなくてもリアの減衰力を操作できるようになります。(タイヤがフェンダーにかぶる様な車高設定の場合は最低限のジャッキアップで可能です。)

●スプリングインシュレーター
コイルオーバーのスプリング上下にはラバーシートや樹脂製のインシュレーターを装備。滑りを良くすることで、スプリングが伸縮する際のフリクションを低減。車高やプリロードの調整も行いやすいように改善しました。

バネレート[N/mm(kgf/mm)] F=118 (12) / R=157 (16)
スプリング自由長 (mm) F=150 (直巻) / R=170 (直巻)
出荷時車高(mm) (上限 - 下限)  F=-26 (-2 - -72) / R=-25 (-2 - -82)
アッパーマウント F=ピロ / R=ピロ
出荷時バネレート変更
[変更可能レートN/mm(kgf/mm]
F=可 [±20 (2)] / R=可 [±20 (2)]
JANコード 4957266322826