R type INTERCOOLER GT-R 製品紹介 車種別リスト
GT-R R35
R type INTERCOOLER

コードNo. 13001-AN013

¥432,000

(税抜価格¥400,000)

NISSAN GT-R R35に待望のインタークーラーキット。
コアの大容量化とカーボン製専用エアガイドの相乗効果で今までにない冷却性能を実現しました。
さらに、エアガイドをカーボン製とすることでプレミアム感を演出。コアを大容量化したにもかかわらず、純正よりも軽量化に仕上げました(I/C本体)。また、他社製にありがちな純正I/Cより少し大きいだけの商品よりも圧倒的な性能差を実現しています。

 

 









◆冷却性能

純正I/Cも性能はいいですが、あくまでもノーマル状態での話しで、ブーストアップBOOST1.2k(GT570キット、GT600キットレベル)では急激はターボ出口の温度上昇を招きます。(原因:T/Cの風量限界付近を使っているため、純正サイズのコアでは、容量不足の為)
冷却性能を上げるには、コアの容量アップが必要となりますが、テストの結果、純正より少し大きいタイプのI/Cでは、大幅な冷却性能向上は見込めませんでした。そこで今回、冷却性能の大幅な向上を目標に、コア面積拡大(Size:400x260x65)&薄型コアを採用することで大幅な冷却性能の向上を実現しました。

 

◆軽量化

インタークーラー本体は純正よりも軽量化を実現し、オーバーハング重量軽減に効果があります。
(純正:9.6kg HKS:8.0kg)

 

◆圧力損失

コアが薄くなったことにより懸念される圧力損失の増大に対しては、Newコアのインナーフィンを改良することで、圧力損失の増大を最小限に抑えました。

 

◆水温への影響

コアの大容量化にあたりラジエターへの風のあたりが懸念され水温が気になるところですが、コア幅を薄くすることで、通過風速を向上させ、ラジエータへの通過風速を向上させています。仙台ハイランド・富士スピードウェイに於いて、レーシングドライバーにてサーキットを周回させましたが、水温上昇は純正と同等であることを確認しております。

 

◆専用大型カーボンエアガイド

コアの大きさに合わせた形状とし、導入された空気を無駄なく・効率よくコアに当てることでより冷却性能を高めています。また、エアガイドのサイド部分からはラジエターへと空気を導くように導風板も付属した設計となっており全てに拘った仕様となっております。
(カーボンの柄は綾織 艶消しタイプ)

 

 

●出力計測結果

Stock:純正
HKS Proto1:他社同等サイズ品
HKS Proto3:商品

 

●最大出力

HKS製 I/C 447.7kw (608.6ps) / 6710rpm
純正 I/C 438.6kw (596.3ps) / 6660rpm

 

 

  • 取り付け時間:約8~10時間
  • キット内構成部品:I/C Assy、エアガイド、I/Cパイプ、シリコンホース、ホースバンド、ブラケット、ボルトナット
  • 必要な特殊工具:ハンドナッター
  • 加工箇所:純正のラジエータコアサポート前に取り付くエアガイドの加工が必要・エアコンパイプの曲げ加工

 

車種 型式 エンジン 年式 タイプ コアサイズ/mm・取付位置 タイプ コードNo. 小売価格
(税抜価格)
備考
GT-R R35 VR38DETT 07/12-16/06 R type INTERCOOLER 400X260X65・2個・前置き   13001-AN013 ¥432,000 (¥400,000) 11spec以降、カーボンエアガイド取付不可。左ハンドル車両取付可。SPEC V未確認

[ CLOSE ]

 

 

HKS