MAX IV GT 20SPEC WRX
製品紹介 車種別リスト

WRX VAG
MAX IV GT 20SPEC Code No. 80230-AF009A
¥224,400
(税抜価格 ¥204,000)


▲写真はVAB用です。

ハンドリング性能やストリートでの乗り心地のバランスに優れたMAX IV GTを最新技術でリセッティング



■ 適合/取付情報   ■ 仕様
エンジン型式 FA20(TURBO)
年 式 14/08 - 
備 考 ※車高及び長手寸法は推定値になります。
 
  FRONT REAR
減衰力調整 30段 30段
ベースバルブ - -
全長調整
アッパーマウント ゴム ゴム
倒立/正立 倒立 正立
ダンパー/スプリング構成 一体式 一体式
出荷時バネレート変更
ワイヤーでの減衰力調整 - -
ヘルパースプリング
(バネレートN/mm)
○ ( 4.7 ) ○ ( 4.7 )


■ 車高情報 mm
  出荷時※2 テスト時 最大上限~最大下限※3 走行可能上限~走行可能下限※4
FRONT 車高※1 664 - 685 ~ 642 685 ~ 642
ノーマル比 -21 - 0 ~ -43 0 ~ -43
REAR 車高※1 670 - 686 ~ 625 686 ~ 625
ノーマル比 -16 - 0 ~ -61 0 ~ -61
※1. 路面からフェンダーアーチまでの高さ。
※2. 出荷時車高はHKS社内でのフルキット設定の組み合わせによる参考測定値データです。(当社の推奨車高になります。)
※3. 調整可能範囲(ただし、この場合の下限値での走行は保安基準適合外となりますので御注意ください。
またこの調整範囲内であっても車高によってはボディー・アーム等との干渉などをおこし、走行に支障をきたす恐れがあります。
なお、出荷時車高から極端に車高を下げて使用することによるダンパーオイル漏れ等の不具合に関しても保証対象外となりますので、御注意ください。)
※4. ボディ・アーム等への干渉等が無い走行可能な範囲。(ただしタイヤ・ホイールサイズ等の変更によってはその限りではありません。)
注).データは車両の個体差・組み立て条件により変化します。


■ キット情報
● フルキット設定スプリング
  F R
バネレートN/mm(kgf/mm) 88 ( 9 ) 69 ( 7 )
自由長(mm) 220 170
スプリングタイプ 直巻樽型 直巻
バネレート変更時推奨範囲N/mm(kgf/mm) ±10 ( 1 ) ±10 ( 1 )
● ダンパースペック
  F R
減衰力(伸び側/縮み側)N※ 700 / 490 360 / 340
出荷時ダイヤル位置 15 15
ダンパー残りストローク(伸び側/縮み側)mm 57 / 56 63 / 53
※ 減衰力値はピストン速度0.1m/sec時の値です。
● セッティングデータ
  F R
出荷時 テスト時 走行可能上限
走行可能下限
出荷時 テスト時 走行可能上限
走行可能下限
ケース長
(mm)
269 278 262 259 272 236
スプリング
セット長(mm)
254 242 269 220 233
巻き上げ寸法
(mm)
22 43 0 36 49 0
レバー比 1.00 1.26
※ 走行可能上限・走行可能下限につきましては、上記: 車高情報の欄外※3をご参照下さい。


■ テスト車両情報
  F R
車重(カタログ値)kg 940 610
タイヤサイズ(空気圧)kPa 245 / 40 - 18 ( 230 ) 245 / 40 - 18 ( 220 )
ホイールサイズ 8.5 JJ × 18 inset 55 8.5 JJ × 18 inset 55
アライメント
(トー/キャンバー)
テスト時 0 mm / -2°24' 0 mm / -2°18'
基準値 0 ± 3 mm / -0°45' ± 30' in 3 ± 3 mm / -1°40' ± 45'
※ 当社での測定値です。


■ 構成図 ※仕様変更により変更する場合があります。


■ ポイント
・今回のヴァージョンアップの狙いは、快適性を損なわずに、より走りを楽しめる様ハンドリング向上を狙いました。
・技術の進化とともに減衰特性をより細かくコントロール出来た結果、従来のバネレートではロードフォールディングもさることながら乗り心地が良過ぎた為、更にハンドリング性能を追求しバネレートを前後1キロアップさせて乗り心地とハンドリングの両立をレベルアップさせました。普段は快適にこなし、ワインディングやサーキットではグレードアップしたハンドリング性能を満喫下さい。従来品では乗り心地を確保する為にバンプ減衰力を抑え気味でしたが、今回乗り心地を保持した上でスタビリティアップを図れました。またレートアップでロール等の挙動を抑制出来、ターンインでのタックインを利用したリヤスライドによる頭を入れての立ち上がり姿勢作りも安定して行えたり、リヤタイヤに乗る感覚でのスライドを使った立ち上がりもコントロール性や安定性が著しく向上出来ました。うねり等での収束性も向上しました。
・乗り心地を最優先にしたい方は乗り味がしなやかで穏やかになりますが前後バネレートを1キロ下げた仕様をお勧めします。また、細かい振動などは余り気にしないのでハンドリングをよりスポーティにしたいという方にはレートアップもアリです。
・アライメントデータはフロントストラット下部のキャンバーアジャスティングボルトをネガティブ側に目いっぱい調整した状態の数値です。
・フロントのケース長は走行可能下限の262mmよりも短くするとフルバンプかつ操舵時にタイヤとフェンダーが干渉しますので注意してください。
 
 
 
 
 
 


[ CLOSE ]

 

 

HKS