製品情報 / PRODUCTINTAKE

ホーム  >   製品情報  >   インテーク / INTAKE  >   HKSインテークテクノロジー(1)

これがインテークテクノロジーの実力

1. 吸気抵抗の低減

インテークパーツのチューニングでは、エンジンレスポンスの向上やパワーアップを狙い、吸気時に起きる抵抗の低減・吸入空気量の増大を図ります。HKSインテークパーツでは以下の手法で性能の向上を実現しています。

■純正エアクリーナー

エンジン出力に応じたフィルター面積で設計されており、吸気抵抗は比較的に大きい。パワーアップの際ネックになることも有る。また、吸気音を抑えるためのレゾネーターが装備。

Point

純正エレメントは、不織布を折り畳んで使用。空気の流れが折り畳んだ不織布の間を抜けて行くため、干渉して抵抗が大きくなる要因となる。

エアクリーナーがむき出しタイプのため、純正エアクリーナケースと比較し開口面積を大幅に向上。このため取り入れ可能な吸入空気量を増大させ、純正置き換えタイプよりもエンジン出力、トルク向上に有利。ボックスに覆われていない吸気温もレーシー感を演出してくれます。

Point

レイアウト自由度大・吸入面積を大きく取れるため、エンジン出力向上に好条件。

サクションパイプを車種別に設計。さらにパイプの曲がり/長さをオリジナル化することによって、さらなる吸入効率の向上を図ることができます。NAエンジンではレスポンス向上につながりターボエンジンでは、高出力化に効果的。

Point

純正サクションの場合は空気がホースジャバラ部分にあたり渦を巻き抵抗が増大。専用パイプ化によりジャバラ部分や段付きを極力減らせ、空気の流れがよりスムーズになる。

設計

純正形状に対して吸入抵抗が低減する形状を3D CADで設計。エンジンルームのスペースを把握して極力吸入空気量が確保できる形状を設計する。
(一部車種)

解析

コンピューター処理によって管内での空気の流れを解析。

吸気抵抗低減の効果

純正エアクリーナーからHKSパーツへ変更した際、吸気抵抗はそれぞれ次のように低減します。
  • スーパーハイブリッドフィルター:約3%
  • スーパーパワーフロー:約30%
  • レーシングサクション:約40%

※数値は一般的な例です。車種により、その効果は異なります。