OWNER'S VOICE

ホーム  >   オーナーズボイス  >   マフラーシリーズ  >   スズキ

  
 

中間パイプから交換できてこの値段な事・軽量化に大きく貢献できる事の2点から第1候補…

お名前

たかぺ

メーカー スズキ
車名 スイフトスポーツ
車両型

CBA-ZC33S

年式  
グレード  
購入した商品 → Hi-Power SPEC-L II
購入したショップ スーパーオートバックス浜松

購入を考えたきっかけ・決め手

子供の頃からHKSが好きだった上、中間パイプから交換できてこの値段な事・軽量化に大きく貢献できる事の2点から第1候補にしていました。
SA浜松のイベントにて、HIPERMAX MAXⅣGT 20Specと同時に装着。

お気に入りポイント&エピソード

街乗りレベルのアクセル開度でも2500~3500rpmあたりの音が非常に気持ちいいです!
軽さも相まって加速も良く、つい引っ張ってしまうようになりました。おかげで燃費が落ちてます(笑)
一方でアイドリング時は純正+α程度の音なので、ご近所にも迷惑にならずに済みそうです。

もっとこうだったらいいのになぁ~

あえて言うならテール径でしょうか。ZC33Sはバンパーの形状のためにSpec-Lの特徴でもある付け替えテールが殆ど見えない上、純正マフラーはカッターでかなり大きな見た目にしているので、スーパーターボマフラーと同じくらいのテール径になると見た目のバランスが良くなりそうです。

次回検討中のカスタマイズ

過激さは求めていないので、あとECUを入れれば満足。
とか言いながら吸気には(温度上昇を嫌って純正BOXで)スーパーエアフィルターが入っているので、吸排気をHKSで揃えるためにキャタライザーとか入れたくなるかもしれません。

同じ商品を検討してる人へのアドバイス

ZC33Sの武器である“軽さ”に磨きをかけ、バランスの良い音を楽しめるマフラーです。中間パイプ込みで定価11万というのも強みなので、チューニングを始める最初の一歩、その筆頭候補として考えてもいいのではないでしょうか。