OWNER'S VOICE

ホーム  >   オーナーズボイス  >   サスペンションシリーズ  >   ニッサン

基準値を参考に減衰をハード側に調整すると…

お名前 カズ
メーカー ニッサン
車名 スカイラインGT-R
車両型式 BNR32
年式  
グレード
購入した商品 → HIPERMAX Ⅳ GT
購入したショップ

購入を考えたきっかけ・決め手

古くなっていた車高調のリフレッシュにと、価格とパフォーマンスのバランスを考えて、ストリート用に様々なメーカーのサスペンションの価格や調整範囲の広さ、バネの硬さ等を比べて、価格も高過ぎず新製品だったこともあり気になっていたMAX IV GTを購入。

お気に入りポイント&エピソード

減衰調整が全部で30段のうち、わずかに一段、二段の変更でも違いが分かります。
最初はサスペンションの慣らしも兼ねて出荷されたままの減衰の状態でしばらく走って、以前の他社の車高調がいかに抜けていたかがサスの動きから分かりました。
この地点では自分には、ふわふわ感がまるで高級車の純正の脚周りのような印象でしたが、基準値を参考に減衰をハード側に調整すると丁度良い減衰が見つかりました。
金色のカラーが高級感がある。

もっとこうだったらいいのになぁ~

車高調整時にロックシートがすぐにナメてしまうので丈夫だったら良かったです。特に、ロア側のロックシートを緩める時にレンチをハンマーで叩いて緩めるとナメてしまうので、ロア側だけでも素材の変更して多少の打撃に強いパーツになれば良いんじゃないかと思います。

次回検討中のカスタマイズ

なかなか金額もかかるので、おいそれと購入出来ないのですが、ターボ関係も年数や走行距離から考えても弱っているとは思っていて、今後も大きなパワーアップは考えていなくて、基本的にはエンジンはノーマルだと思うので交換するならGT3 SS辺りのタービンが良いのかなと思います。

同じ商品を検討してる人へのアドバイス

金額的にももっと高いメーカーも有りますが、ストリートに使うサスペンションとしてはコストパフォーマンスも良いと思います。当然スポーツ用なのでそれなりの硬さは有りますが、硬すぎず、乗り心地も良いほうなんじゃないかと思います。GT-Rに着けても全然不満は無いと思います。