OWNER'S VOICE

当時は一般ユーザーのレビューが殆ど無い状況だったので、人柱上等で購入しました(笑)。

お名前 ふじふ温泉
メーカー スズキ
車名 ジムニー
車両型式 JB64W
年式
グレード XC
購入した商品 → Power Editor
購入したショップ ネット通販

購入を考えたきっかけ・決め手

新型ジムニーを様々なシチュエーションで運転した結果、R06Aエンジンには非常に多くの制御が介入する印象を受けました。
純正ECUのまま手軽にブーストアップ可能なパワーエディターには興味がありましたが、2018年12月当時は一般ユーザーのレビューが殆ど無い状況だったので、人柱上等で購入しました(笑)。

お気に入りポイント&エピソード

パワーエディターの装着によって過給圧制御が変更され、スロコン非装着でも4速・5速が非常に使いやすくなりました。
ジムニーというクルマの性格上、低回転域が全く犠牲になっていないのも好感度が高いですね(しかもレギュラーガソリンでOK!)。
具体的なシチュエーションとしては、幹線道路の登坂路でギヤを1段落とさなくてもブーストアップによってぐんぐん走って行く印象です。
購入時は人柱覚悟だったのですが良い意味で裏切られました(笑)。
またHKSスーパーエアフィルター(純正互換タイプ)とのマッチングも良好でした。

もっとこうだったらいいのになぁ~

パワーエディター本体とコネクタ間のハーネスに保護チューブが被せてあれば、製品としての高級感が向上するのではないかと思います(私は手持ちの保護チューブを使用しました)。
またOBD2接続のブースト計は正しい数値が表示されなくなるのはやむを得ないところですね。

次回検討中のカスタマイズ

基本的には純正に近い状態(純正プラスα程度)で乗りたいと思っております。
スロコンやアルフィンドラム、ビルシュタインを追加装備しました。
パワーエディターのデータ変更も検討していましたが、これは素人が安易に弄るとタービンブローのリスクもありそうですね。

同じ商品を検討してる人へのアドバイス

昔も数台ジムニーに乗っていましたが、正直ジムニーショップで売っていたお手軽スープアップパーツよりも安くて効果があったと思います。
やはり餅は餅屋ですね(笑)。
なお同様のブーストアップモジュールは現在数社から発売されていますが、比較的リーズナブルかつ装着も簡単(プラス端子への結線も不要)ですので、私はHKSパワーエディターをお勧めします。
ただし制御への介入は残りますので、大幅なパワーアップを望まれる方は、チューンドECUの発売を待ちましょう。