RB26 2.8L KIT比較

  STEP ZERO STEP 1 STEP 2 STEP 2 (BCD) STEP 3 (BCD) HIGH RESPONSE (BCD)
価格(税込) ¥568,700 ¥723,800 ¥955,900 \979,000 ¥2,090,000 ¥1,650,000
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
コンセプト
ターゲット
●エンジンOHのタイミングでの排気量アップ
●ストリートメインでライトに排気量アップのアドバンテージを体感したい方
●レスポンス重視でトータルコストを抑えたい方
●排気量アップのトルク感とアップグレードタービンのパワー感を両立
●ハイカムと組み合わせて許容回転数を上げたい方
●より高出力を出したい方
●大風量タービンとの組み合わせで高出力を狙いつつ、レスポンスも両立
●ハイカムと組み合わせて許容回転数を上げたい方
●競技での使用を想定されている方
●STEP 2のピストンを大幅に軽量化することで、レスポンスを更に向上
●ハイカムと組み合わせて許容回転数を上げたい方
競技での使用を想定されている方
●STEP 2を仰ぐ高出力対応とレスポンスを両立
●コストよりも最新設計による究極性能を優先する方
●各部の徹底的な軽量化をおこない従来のRB26チューンとは一線を画した圧倒的な回転レスポンスとバランスを追求
●コストよりも最新設計による究極性能を優先する方
想定タービン 純正・GTIII-SS GTIII-SS・GTIII-2530 GTIII-RS・GTIII-4R GTIII-RS・GTIII-4R GTIII-5R GTIII-2530
許容回転数 8000rpm 8500rpm 9000rpm 9000rpm 9000rpm 9000rpm
圧縮比(t=1.2) 8.7 8.7 8.7 8.7 8.7 8.7
最大出力目安 550PS 600PS 800PS 830PS 900PS 700PS
ピストン 鍛造A4032材
φ86.5 or 87 - 21pin
鍛造A4032材
φ86.5 or 87 - 21pin
鍛造A4032材
φ87 - 21pin
・Niメッキ
・オーベルコート
鍛造A2618材
φ87 - 21pin
・ブリッジ構造
・Niメッキ
・2層モリブデンコート
A2618材削り出し
φ87 - 22pin
・ブリッジ構造
・2層モリブデンコート
A2618材削り出し
φ87 - 22pin
・ブリッジ構造
・2層モリブデンコート
ピストン重量 401g 401g 401g 334g 324g 324g
ピストンピン φ21-L60 (105g) φ21-L60 (105g) φ21-L60 (105g) φ21-L56 (97g) φ22-L56 (95g) φ22-L56 (95g)
コンロッド HKS鍛造削り出しH断面φ21
(SCM材)
HKS鍛造削り出しH断面φ21
(SCM材)
HKS鍛造削り出しH断面φ21
(SNCM材WPC)
HKS鍛造削り出しH断面φ21
(SNCM材WPC)
HKS鍛造削り出しH断面φ22
(SNCM材WPC)
HKS鍛造削り出しH断面φ22
(SNCM材WPC)
クランクシャフト 鍛造軽量フルカウンター
(20.1kg)
鍛造フルカウンター
(24.4kg)
鍛造フルカウンター
(22.9kg)
鍛造フルカウンター
(22.9kg)
削り出しフルカウンター
(窒化銅イオン窒化処理)
(20.6kg)
削り出しフルカウンター
(SMC材窒化処理)
(19.2kg)
クランクシャフトの
慣性重量比
(対STEP ZERO)
100% 132% 119% 119% 113% 102%

BCD ピストンキット

2層式コーティングでフリクションを低減。ブリッジ構造の採用により軽量・高剛性を実現したピストンキットです。

ブリッジ構造について

(1)高剛性化

  • 中央付近にブリッジ構造のリブを追加することで、構造的に剛性をアップ
  • 高温強度に優れるA2618材を採用し、運転(高温)時の強度をアップ

(2)軽量化

  • プロフィールの最適化によりスカート高さを短縮して軽量化
  • 反スラスト側のスカート幅を狭くすることで軽量化
  • ピストンピンを短くすることでピンボスとピンの軽量化
  • 高強度材の採用により薄肉化して軽量化

(3)低フリクション化

  • フッ素樹脂とモリブデンの2層式コーティングでフリクションを低減
    外側の層は高荷重時の摺動に効果的なモリブデンコート
    内側の層は高回転時の摺動に効果的なフッ素樹脂コート