HKS

チューニングの基礎TUNING

チューニングの基礎  > 電子系パーツ

CATALYZERチューニングの基礎

電子系パーツ:制御系チューニングって?

クルマは「ECU(エンジンコントロールユニット)」によっていろいろな機能、特にエンジンにを動かすために必要な様々な要素をコントロールしています。
ECUはクルマを動かすためには欠かせない重要なパーツといえます。
純正のECUは昨今求められる燃費性能や排ガス規制などへの対応が考慮されて設計されています。そのため、性能的にはまだまだ余力があることが多いです。

HKSではその余力を引き出すためにECUにかかわるさまざまなパーツをリリースしてきました。
ここでは特に最近のクルマに向けて用意している「Flash Editor」と「Power Editor」をご紹介いたします。

Flash Editor -差し込むだけでECUのデータを書き換え-

まずは「Flash Editor」という製品をご紹介いたします。
こちらはクルマにある「OBD2コネクター」に差し込み、そこからECUのデータを書き換えるというECUリフラッシュツールです。

「Flash Editor」にはあらかじめ当社が開発テストを重ねた書き換えデータが入っていますので、手軽にHKSのチューニングデータを楽しむことが可能です。

さらにチューニングを進めてより仕様に合ったデータにしたいという場合は、専門ショップの「HKSパワーライターショップ」にて愛車に合わせたデータを作成することも可能です。
ただ手軽なだけでなく、発展性も備えている新世代の制御系チューニングパーツです。


製品ページはこちら

Power Editor -最新ターボ車をカプラーオンでブーストアップ-

続いては「Power Editor」というアイテムをご紹介します。
こちらは最新のターボ車をカプラーオンで簡単にパワーアップすることができる、新世代のブーストコントローラーです。

「Power Editor」はターボ車の特権「ブーストアップ」を行います。
ブーストアップとはターボチャージャーなどの過給機が搭載されているクルマのパワーを上げるためのチューニングで、「ブースト圧」というタービンの仕事量を増やすことでパワーを引き出すメニューです。

パワーエディターは「圧力センサー」とECUの間にカプラーオンで割り込む形で装着するだけで、ブーストアップされたデータを使うことができパワーアップを体感できるアイテムです。


製品ページはこちら

簡単装着ながらパワーアップを体感できるとともに、「Easy Writer」というパソコンソフトを用いてオリジナルのデータを作成することも可能です。

今回は代表して最新車種に向けたアイテムをご紹介しましたが、この他にも様々な電子パーツをラインナップしていますので是非チェックしてみて下さい!
電子パーツラインナップはこちら