HKSマガジン
86・BRZ Tuning Live!!

Contents

Contents

トヨタ86 & スバルBRZのHKS流チューニングを、ステップアップごとに詳しく解説する、その名も「86・BRZ Tuning Live!!」。テスターにレーシングドライバーの谷口信輝選手を迎え、装着したパーツの効果やフィーリングをインプレッションでお届け。
というわけでチューニングの第一歩となるSTEP 1は、サーキット走行を考えているのであれば、真っ先にやりたいスピードリミッターの解除からスタート。
たとえエンジン系チューニングでモアパワーを手に入れても、どんなにドライビングに自信があっても、リミッターが効いてしまっては、それ以上の走りをすることは不可能ですからね。
ちなみに86 & BRZ含め、近年の新型車は電子制御技術が複雑化し、従来の方式ではスピードリミッターが解除できなくなりました。しかし、HKSでは最新の制御技術を解析、他の部分に影響を与えない、スピードリミッターカット装置を開発。それが今回装着するVACというわけです。

テスト車両:TOYOTA 86 フルノーマルの状態からステップアップチューニング開始!!

フルノーマルの86をベースに、タイヤ&ホイールはノーマルのまま、HKSがオススメするチューニングメニューを施していきます。テストステージは富士スピードウェイの本コース。最終的には、街乗りからワインディング、そしてサーキット走行も楽しめるオールマイティ仕様を目指します。また、装着するパーツはすべて発売済み、または発売予定ですので、誰でも手軽に真似ができる仕様になります。

スピードリミッター解除

装着はカプラーオン手軽にスピードリミッターを解除

 86 & BRZに限らず、日本で販売されている国産車は約180km/hでスピードリミッターが作動し、速度が制限されるようになっています。これは高速道路における法定最高速度が100km/hに設定されていることに対する法律や自動車業界での自主規制によるものですが、安全の観点から考えても規制されるのは当然のこと。しかし、サーキットなどのクローズドコースでは最高速度に制限はなく、速度の抑制は“足かせ”となってしまいます。

 スピードリミッターを解除するには、コンピューターを書き換える方法もありますが、もっとも手軽なのがスピードリミッターカット装置を使うこと。これにより、車速センサーに「まだ180km/hになっていない」という擬似信号を送るわけです。

 しかし、近年のクルマは車両信号情報を伝達する方式に約40本のハーネスを2本に集約したCAN通信を採用、従来の制御用に用いられる車速信号線というハーネスが存在しません。そこで登場したのがVAC(ヴェロシティー アドバンスド コンピューター)。CAN通信に含まれる信号の中から車速信号のみを操作することにより、スピードリミッターの解除を可能にしました。装着はカプラーオン。従来品同様、手軽な装着を実現しています。

装着はECUのハーネスに割り込ませるだけのカプラーオン。86 & BRZの場合、ECUは助手席側足元の左上にあります。作業時間の目安は約20分、とても手軽です。
カプラーを接続したら、VAC本体を両面てテープで固定。なお、VACにはオプション車速信号出力機能もあり。追加メーターなどへ接続することで350km/hまでの車速表示が可能となります。
サーキット走行も視野に入れられた86 & BRZでは、純正でも260km/hスケールのスピードメーターが装備されています。もちろん、VAC装着による180km/hオーバーの速度も純正メーターで表示できます。

インプレッション

どノーマル状態でも203km/hに到達

 富士スピードウェイのメインストレートは約1.5km。これだけの距離があれば、どノーマルの86でもスピードリミッターが効いちゃう? そこまでは行かないんじゃないの? と思ったんだけど、フィニッシュラインあたりで180km/h、リミッター効いちゃいました。

 フィニッシュラインはストレートのだいたい真ん中だから、リミッターが効いたまま走行する距離はけっこう長くて、これはタイムにも影響する。ちなみに、さすがにどノーマルの86だと、メインストレート以外はリミッターが効くほどのスピードは出ないけどね。

 VAC装着後は、リミッターが効くことなく、ブレーキングポイントまで速度が伸びていく。結果最高速は203km/hまで出ました。富士スピードウェイを走るなら、これは絶対必要だね。今後、チューニングが進んでパワーアップしたり、コーナリングスピードが上がっていけば、スピードリミッターカットの恩恵はもっと出てくるはず。VACはお手軽だし、チューニングのスタートとしてやるのはアリでしょ!

アクセル全開でスピードが伸び続ける爽快さは、やっぱり気持ち良い! どノーマル状態でも200km/hオーバーが出せるんだから、86って速いよね。リミッターカットは必要です。

最高速

※HKSサーキットアタックカウンターで計測。

今回装着したパーツ

VAC Velocity Advanced Computer

VAC Type CFT(86 & BRZ用)
価格:4万2000円(税抜き)

※MT/ATともに対応