R35 GT-R CUSTOMIZED PARTS High power high performance high quality

日本が世界に誇るハイパフォーマンスカー「R35 GT-R」の秘めた可能性を引き出す充実のHKS商品ラインナップ。「ハイパフォーマンス」をコンセプトに進化を続けるHKS R35 GTシリーズをはじめ、純正タービンの限界を見極め、次なるステップ「GT800 Racing Spec」。単にピークパワーのみを求めるのではなく、常用域から圧倒的なハイパフォーマンスを発揮させることはもちろん、これまで困難とされてきた「シンメトリーレイアウトの実現」をコンセプトとし、さらには「GT1000 Racing Spec」まで、あらゆるR35 GT-Rオーナーの要望にお応えします。

HKS 2014 WTAC - CHAPTER 1 JAPAN

HKS 2014 WTAC - CHAPTER 2 AUSTRALIA

GT800 Racing Spec

タイムという指標との戦い

600ps…今までのスポーツモデルなら、それは頂点に近いスペック。でもR35にとってはライトチューン。もっと高みを狙えるポテンシャルを有しており、またサーキットタイムという指標と戦う場合、more powerは必然となります。
R35専用設計のシンメトリーツインターボとそれを支えるエンジン関連パーツにより導き出された800ps。サーキットタイムを出すために生まれたレーシングスペック、それがGT800です。

GT1000 Racing Spec

すべてにおいて1番であるということ

国産スポーツモデルのトップに君臨するR35にとって、「1番になるということ」には深い意味があります。しかし、それが生まれながらの宿命でもあるR35にとって限られたステージや要素だけで1番になることは、それほど難題ではありません。意味があるのは「すべてにおいて1番であるということ」。
どんなにパワーがあってもそれが扱いづらければその意味は薄れ、ストレートで最高速を記録しても1周のタイムが遅ければそれもまたしかり…。R35において弱点のあるクルマ作りは許されない~私たちはそう考えます。
GT1000レーシングスペック。すべてにおいて1番になるためにHKSの技術の粋を惜しみなく注入した究極のチューニングメニューです。

GT1000+ Racing Spec

さらなる高みを目指して

「1番になるということ」は未来永劫、そうあり続けるとは限らない。どんなカテゴリーにおいてもいつかはそれが破られる時が来る。R35チューニングの世界においてもそれは同じことが言え、1番だったスペックはいずれ当たり前となる。
HKSではさらなる高みを目指してスペック名そのものを配したレーシングマシンにて幾度もタイムアタックを実施。GT1000 RACING SPECに採用されたものより大風量の新開発タービンと組み合わせた「GT1000+ RACING SPEC」を確立しました。

R35 GT-R PARTS CATEGORY

  • TURBO &
 PACKAGE

    ターボ & パッケージ

  • EXHAUST

    エキゾースト

  • INTAKE

    インテーク

  • SUSPENTION

    サスペンション

  • FUEL

    フューエル

  • ENGINE

    エンジン

  • COOLING

    クーリング

  • ELECTRONICS

    エレクトロニクス

  • POWER TRAIN

    パワートレイン

  • OTHERS

    その他パーツ